日本からタイへ キャセイパシフィックで香港乗換え その2 荷物検査厳しいの巻

Pocket

キャセイパシフィックで乗り換える時は、香港での乗り換えがとてもラクです!

時間がそんなにかかりません。

他の航空会社で行った場合は、香港で到着と出発の空港を電車で移動することになるのですが、キャセイパシフィックは降りた空港でそのまま乗り換えができます。

香港の空港図

香港の看板は英語と漢字表記。

日本の漢字とは違いますが、なんとなく意味わかりますよね・・・。

飛行機を降りたら、乗り換えの案内を探して移動します。

Transferの矢印どおりに行くと、すぐに荷物検査場になります。

まず、搭乗券を係りの人に見せて、奥の検査場へ移動。

コンパクトに作られており、短時間で乗換えができます。ありがたやー。

そこまで長時間並ぶことなく、検査場へ進めます。

そういえば、補足ですが

スポンサーリンク

香港の荷物検査

香港の荷物検査はすごく厳しいです。

日本でOKだったものも、細かく調べられます。

私は日本では何も問題なかったのですが、香港で「手持ちのかばんを開けてよいですか?」

と聞かれました。!Σ(×_×;)!

「はい」、と答えると迷わず私の化粧ポーチを!!

「なんでだろう。。怪しいものは何もいれていないのに、、、」と思っていましたが、

小さい缶入りの香水?(タイで買ったスプレーのもの)が入っていて、それを確認されました。大変失礼しました・・・。

多くの人が、細かく再検査されたりしていましたので、日本よりもっと高性能の機械なのでしょうか。

短時間で乗り換え可能ですが、強いて言うなら

ここで少し時間がかかるかもしれませんので、ご注意を&十分にご準備を!(仕分け)

ヨーロッパとかもテロの影響でものすごい厳しいですよね。

日本も本当はもっと厳しいほうがよいのかもしれません。(面倒だけど)

ここを出ると、もう出発ゾーンです。

さぁ、これから楽しいラウンジタイム♪

次の搭乗口番号を確認して、ラウンジへ移動です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク