日本からタイへ あえて乗り換えでいく場合(香港編)その1

Pocket

日本からタイへは 直行便で6時間半程度で行けます。

通常ならば、もちろん直行便で簡単、便利に行きたいところですが、

年末年始や夏休みで航空運賃がすごく高くなる時期があります。

そんな際でも、どうしても予算内でタイに行きたい場合は、我が家はやむを得ず乗り換えで行きます。

大人二人で年末料金でバンコクまで行くと、結構な出費です。

節約節約。。

タイまで行くのに乗り換えなんて、「え~~~、そんなの嫌だよ~~」と昔は思っていたのですが、やってみると意外に快適。そして疲れない。

価格も半額くらいになるときもあり、最近は結構利用するようになりました。

そんな情報を今回はお伝えしようと思います。

乗り換えでいく場合、我が家は香港で乗り換えてバンコクまで行っています。

香港までがだいたい4時間~5時間程度。

乗り換えの時間が1~2時間で

香港からバンコクまでが2時間ほど。

直行で行くよりはやはり2時間くらいは余計にかかりますが、

それで数万円も安くなり格安になるなら、時給にするとなかなかのものです。<( ̄^ ̄)>

もちろん、考え方にもよりますが

その浮いたお金で、いいホテルに泊まっていいサービスを受けたり、おいしいもの食べたり、

マッサージにだって行けちゃいます!

スポンサーリンク

航空会社は?

香港経由で何回か行きましたが、快適なのはキャセイパシフィック。

食事もおいしいし、カピ子はオススメです。

さすがスカイトラックス社の航空会社の格付けランクで毎回上位にランキングされているだけあります。2017年度は世界で5位でした。

ちなみに日本の最高位はANAで3位!

世界No1はカタール航空でした。(カタール航空とても良いです!これはまた別の回にご紹介しますね)

前回キャセイパシフィックに乗った際、カピ子は初めて「車椅子の方でも行ける、扉の大きいお手洗い」搭載の飛行機に乗りました。扉が全開でき、スペースも広いです。

車椅子の方にとっては、とても便利ですよね。

日本でパラリンピックもあるので、「車椅子の方はどうやって世界中から移動されるのだろう?」と思っていましたが、

こういう飛行機があるのを見て安心しました。

きっと機体の値段も高いのでしょうが、バリアフリーな飛行機ももっと増えるといいですね。

香港乗換えのいいところはいくつかありますが、

「ストップオーバー」チケットを購入しておけば、いったん香港で入国して、

数日観光してから、バンコクへ!という旅も可能です。

タダで香港旅行!!

なんか得した気分になりますよ。

ちなみに、近くの香港でさえ、年末の旅行は10万円ほどかかります!

愛すべきストップオーバーチケット!

香港のご飯、とっても美味しいですよ。

皆さんも利用してみては?

その2 につづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク