キャセイパシフィック 荷物重量30キロまで!荷物が重い際は他社よりお得です

Pocket

またエアライン情報のつづきです。

国際線で荷物を預ける際、とても良心的だなーと思うのが

キャセイパシフィック(キャセイドラゴン含む)航空。

なぜかというと、キャセイパシフィックは2016年に無料受託手荷物の上限重量を引き上げているので、エコノミークラスでも他社より重い30キロまで無料で預けることができます。

これは大変ありがたいです。

キャセイパシフィック 受託手荷物重量

エコノミー:30kg

プレミアムエコノミー:35kg

ビジネス:40kg

ファースト:50kg

簡単に他社と比較してみると・・・

■ANA

エコノミークラス(プレミアムエコノミーを含む):23kg

ビジネス:32kg

ファースト:32kg

■JAL

エコノミークラス(プレミアムエコノミーを含む):23kg

ビジネス:32kg

ファースト:32kg

※なんで2キロ、3キロと細かく刻んでいるかというと、

実はポンドでの計算だからです。

23kg=50ポンド

32kg=70ポンド

スポンサーリンク

比較してみると

キャセイを利用する場合は、

他社のファーストクラス、ビジネスクラスと2kgしか変わらない量を

無料で預けることができるのです。すごいお得ですよね。

※一部区間を除きます。

現地でステキなものを沢山買い込みすぎて

予想外に帰りに重くなってしまうこともありますが、

規定オーバーした際の超過料金もバカになりません。

(3000円~2万円くらい?)

また、LCCは航空券は安い代わりに、荷物を預けるのにも費用がかかります。

もし、重い荷物を持って渡航する際は、キャセイパシフィック、実はお得ですよ!

私も以前、お土産をいっぱいつめて、

重ーいスーツケースでキャセイパシフィック利用しました。ありがたい!

ちなみに・・・

アジア路線ではキャセイパシフィック お得ですが、

中東路線だと、エミレーツ、カタール航空も

受託荷物容量が他社よりおトクです。(´∀`)

ご参考まで!

良いお買い物を~

関連記事


キャセイパシフィック エコノミーでも美味しい機内食 ハーゲンダッツ2回も出たよ

日本からタイへ あえて乗り換えでいく場合(香港編)その1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク