【飛行機 運行状況】Status「EST」とは?

Pocket

毎年、成人の日と4月1日の新社会人・新入社員デビューの日に

サントリーの新聞広告が出ますね。伊集院静さんの文がとても染みます。

先日、本年度版の広告が出たのですが、その内容が

「独りで、旅に出なさい」という内容でした。

いいですね~~若い頃のひとり旅。

中年のカピ子も賛成します!若者よ、いってらっしゃい!

ひとりで初めて海外に出た場合、分からないことだらけ!!

飛行機に慣れていないと、乗り換えでも困りますよね。

ほんの小さいことですが、今回は飛行機の用語についてご案内。

スポンサーリンク

「Est」って何だ?

飛行機を乗り換える際、どの搭乗口で乗るのかを必ず確認します。

が、その際たまに「Status」の部分に

「Est」と書かれているときがあります。

あまり見慣れない表示ですが、

ESTが出ているときは、その飛行機が遅れているということで、

新しい出発時刻が表示されています。

この下の写真だと、

東京行きは定刻16:20ですが、新しい出発時刻は17:00ですよ、という意味です。

これ、知らないと「なんだろう・・・」ってなりますので、覚えておいてください。

また、時間が変更になっているときは、搭乗口も変更になっていることもありますので、忘れずに確認してください!

海外の空港はすっごく広いので、搭乗口変更は大変!!!

以前シンガポールのチャンギ国際空港で、突然の搭乗口変更があり、

空港の端から端まで歩いた(あせって走った)苦い思い出があります。。しんどかったー。

また、アドレスを登録しているときは航空会社から「Important information 」のような

変更のメールが届いていることもありますので、マメにチェックしてみてくださいね。

よい旅を~

関連記事


→ili(イリー) オフライン音声翻訳機で海外旅行も安心!

→【和製英語 一覧】海外では通じないので気をつけて!これは日本だけですよ~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク