タイのパタヤはテーラーがいっぱい!格安でオーダーメイドスーツ作れます 

Pocket

自分のサイズに合わせて仕立てるスーツ、かっこいいですよね。

働く人の「戦闘服」です。

カピ子の知人のSさんはいつもパリっとスーツを着こなして素敵だったのですが、

ある時「Sさん、いつも素敵ですね。決まったところでいつも買っているのですか?」と

聞いたところ、「体にあうように、スーツは仕立ててもらっている」とのこと! Σ(゚ロ゚;)

ムム、、やるな・・・。そうか、だからパリっと決まっているのか・・いいなぁ、、

でも高そう。。と思っていました。

あれから時は流れ、私はタイに頻繁に行くようになったのですが、

タイに来て驚いたのはテーラー(紳士服の仕立て屋さん)がとても多いということ!

そして破格で、仕立てることができます。

おお、これならあのSさんのように素敵なスーツが沢山できる♪と大変心ときめきました。

スポンサーリンク

お店は・・・

全部のお店を回ったわけではないので、あくまでカピ子主観ですが、

インドの方がやってらっしゃるテーラーが多いように感じます。

まれに日本語OKなところもありますが、ほぼ英語でのコミュニケーションとなるので、

英語が不安な方は何か書いて準備していくと安心かも。

※最近はスマホの翻訳でもいけるのか? ”o(-_-;*) ウゥム…

たとえばあくまで1例ですが・・・、

パタヤだとなんと、あの「ナイトバザール」にもあります!

ちょっと見た目が渋いですが、(左は名探偵コナン風。。。)

※ここで仕立てたことはありませんので、良いか悪いかは不明です。

よーく見ると、

ネクタイ3つ、シャツ、スーツで2500バーツ!!!

やすい~~~~! ヽ(゚Д゚;)ノ!!

もちろん、ここはあくまで1例ですが、

その他のお店でも自分のサイズに合わせたものが、破格で購入できます。

タイって素晴らしい~~

とにかくタイはいろんなところにテーラーがあるのですが、

購入は

1.生地を選ぶ

2.形を選ぶ

3.最後に採寸

のフローです。

カピ子はメンズではないので、メンズの仕立てはあまり詳しくありませんが、

おそらく「こういうスーツにしたい」という写真や、今持っているもの等をサンプルに

持っていくのが、異国で間違いなくコミュニケーションが取れる方法ではないかと思います。

タイ旅行にいく際、スーツを記念に仕立てるのもいいかもしれません。

早いお店だと、3日で仕上がるところもあるようです。(内容の金額によりですが)

ちなみに・・・・

オーダーメイドという言葉は

海外では通じません!!

オーダーメードスーツとか言っても通じないっす。 ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

これは和製英語だよん。ご注意を!

「custom made」や「tailor made」で伝えてくださいね。

関連記事


【和製英語 一覧】海外では通じないので気をつけて!これは日本だけですよ~!

海外でそのまま通じる日本語!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク