ランカウイ島 ホテル タンジュンルーリゾートへ その1 Tanjung Rhu Resort 

Pocket

今日はマレーシアのランカウイ島「タンジュンルーリゾート」編。

ランカウイ島、日本人にはあまり聞きなれない名前ですよね。

「ランカウイ島の目の前の島はタイ」、という、タイとマレーシアのキワキワの位置にある

リゾートアイランドです。(分かりづらい?)

上記の写真はホテルから取った夕日。こんな景色が見えるアイランドです。

スポンサーリンク

ランカウイ島って?(・_・?)

ランカウイはマレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶ島で、

大自然とエメラルドの海に囲まれたリゾートアイランドです。

日本人にはクアラルンプールやペナン島が有名ですが、まだまだいろんなリゾートが

マレーシアにはあるのですよ。。

カピ子も今回初めてランカウイ島を訪れたのですが、またタイとは全く違った雰囲気の

リゾートでした。その旅をちらっとご紹介。

アクセス

残念ながら、日本からの直行便はありません。

メジャーで簡単な行き方は、マレーシアのクアラルンプールから飛行機が出ていますので、

それで行くのが一番ラクチンです。(シンガポールからもあるよ~)

カピ子たちはクアラルンプールからランカウイ島までのエアアジアのチケットを取って、

1名往復¥5,000くらいで格安で行きました。

もちろん、、もっと節約派にはバス&フェリーがありますが・・・大人旅のご紹介なので

今回はあえて割愛します。。(。-人-。) ゴメンネ

※私たちは、クアラルンプール市内からランカウイに向かったので

その道中からご案内します。クアラルンプール国際空港でそのまま乗り換える場合は

以下の経路はモチロンなしです!

まずは空港までの列車が出ている駅「KLセントラル」から、クアラルンプール国際空港に向けて電車でGO!

いよいよランカウイ島に出発です~

「KLIAエクスプレス」にのります。電車乗り場は地下。

駅にはフリーペーパーがいっぱい!

チケットはこのカード。空港まで直行です。ラクチン♪

大きい荷物も置き場があります。

みんな旅人。成田エクスプレスみたいなもんです。

日本の電車となんら変わりはありません。快適。

しかし・・・この電車、いつ乗っても空調がすごい効いているので(サービスなのか?)

上着があったほうが快適かもしれません。今回も寒いっす。

KLセントラルからクアラルンプール国際空港までの所要時間は約30分ほど。

あっという間に空港に到着です。

そこからエアアジアの国内線に乗り、約1時間弱で早くもランカウイに到着です。

やっぱ国内線の移動はすっごいラク!

イミグレーションがないので、スムースです。

いよいよランカウイに到着

空港に降り立ちました。

予想通り?こじんまりとした空港です。

タイと違って、イスラム教の島なので、ヒジャブ着用率90%。(カピ子主観)

わおー

空港の代理店さんも、ちょっと控えめに見えるのでした・・・。

次につづく。。

■ランカウイに行く前に現地情報をチェック!

関連記事

————————————————————————–

ランカウイ島 ホテル No.1ビーチ タンジュンルーリゾート その2。Tanjung Rhu Resort

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク