【ベトナム お土産 おすすめ】ベトナムコーヒー 安くて軽く、しかも相手に喜ばれます

Pocket

ベトナムに旅行に行った際、意外に困るのがお土産。

こういっては何ですが、あまりお土産がありません・・・。

(これは私の主観だけでなく、周りのベトナムにいったメンバーも皆同感)

なかなか、友人や会社の人へのお土産に困るのですが、

私が買っていって喜ばれたものをご紹介。

それは「ベトナムコーヒー」

実は、日本人にはあまり有名ではないのですが、

ベトナムはコーヒー豆の生産量が世界2位!

(1位はご想像通りのブラジルです)

でも、いつの間にか3位のコロンビアを抜いて世界2位なので、

ベトナムコーヒー、なかなかの健闘です。

そのせいか、ベトナムの街中にはカフェが大変多くあります。

コーヒー文化が盛んなんでしょうね。

聞くところによると、スイスのネスレがベトナムのコーヒー産業の発展に貢献した模様。

(栽培技術等、農家に指導)

それだけ新興国のコーヒー需要が増えてきているんでしょうね。

スポンサーリンク

コーヒー豆 プチ情報

コーヒー豆の2大品種は「アラビカ種」と「ロブスタ種」です。

アラビカ種は原産地はアフリカのエチオピア。

ロブスタ種の原産地はアフリカのコンゴです。

通常の「レギュラーコーヒー」と呼ばれているのが「アラビカ種」です。

中南米やハワイ、インドなどでも栽培されており

世界のコーヒーの生産量の70%はこちらとも言われています。

(スターバックスのコーヒーもアラビカですよ~)

ちなみに、ベトナムで栽培されているコーヒー豆は「ロブスタ種」が主流。

(でも、最近は高品質のアラビカ種も栽培しています)

「ロブスタ種」はなんといっても価格が安く、カフェインも多め。

安価なためインスタントコーヒーの材料にもなっています。

とにかく安い

ベトナムではドリップ用のコーヒーもびっくりするくらい安く売っています。

「ロブスタ種」はコクも苦味も強めなので、好き嫌いはあるかもしれませんが、

私はとてもおいしくいただきました!

カフェラテにするとおいしいかな。

※だから、ベトナムコーヒーは砂糖やミルクをたっぷり入れるのでしょうか。

お土産としての魅力はなんといっても軽いし、安い

パッケージも高級感のあるオシャレなものも沢山あります。

コーヒー好きのメンバーにお土産として渡すと皆大喜び!

安いのに、いいこと尽くめです。

もしお土産に迷ったら、是非ベトナムコーヒーおすすめです!

ノリでベトナムコーヒーを入れるセットも買ってしまいそうですが、

あまり後々使わなくなりますので、コーヒー豆だけで良いかと・・・( ̄∀ ̄)

■日本でもAmazonでベトナムコーヒー買えます(値段は全然違うけど)

ベトナムのスターバックスのような有名チェーン店↓ おいしいですよ


TRUNG NGUYEN COFFEE SANG TAO1(チュングエンベトナムコーヒー Sang Tao1×340g )


KUKU(クク) コーヒー ベトナムブレンド 250g

関連記事


→【ベトナム 観光 ホーチミン 食事】ビーフシチューのフォー「PHO QUYNH(フォー・クイン)」

ベトナム 安全なタクシー会社の見分け方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク