タイ 禁酒日 2018

Pocket

これからはじめてタイに旅行に行かれる皆様、

タイには禁酒日があります!

該当の日は飲食店や酒類販売店(スーパー、コンビニなど)ではお酒の販売が

禁止されていますので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク

タイ 禁酒日 2018

・3月1日(木) 万仏祭(ワン・マーカブチャー)

・5月29(火) 仏誕節(ワン・ウィサーカブチャー)

・7月27日(金) 三宝節(ワン・アーサーンハブチャー)

・7月28日(土) 入安居(カオパンサー)

・10月24日(水) 出安居(オークパンサー)

・選挙投票日は、前日夕方6時から当日深夜24時まで

(選挙投票日も夕方禁酒って意外ですよね。)

該当の日は外では当然飲めません。。

どうしてもその日に飲みたい場合は

事前に買っておいて、部屋飲み・・・ですね。 (・・*)ゞ

部屋飲みといえば、タイはお酒の販売時間も制限されています。

酒類販売時間

下記2つの時間帯でお酒を買うことが可能です。

(それ以外の時間は売ってくれません)

・AM 11:00 ~PM 14:00

・PM 17:00 ~PM 24:00

上記の該当外の時間にお店に行くとロープが張られており

酒類を買うどころか、お酒のコーナーに入れないところが多いです。

コンビニでも売ってくれません。

深夜にお部屋でゆっくりお酒を楽しみたい方は、

販売されている時間帯のうちに確保しておいてくださいね。

これ、タイにいって驚いたことのひとつです。

異文化っていろいろですよね~。

郷に入れば郷に従え、ということで、その国のマナーを守って

楽しい旅を!

関連記事


タイの食事マナー。器を持って食べてはいけません

タイ 国歌 立ち止まるタイの人々

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク