【シンガポール 観光】セントーサ島 アジア最南端ポイントへ

Pocket

アジア大陸の最南端ポイントがシンガポールの「セントーサ島」にあるというので、

二人で行ってまいりました。

セントーサ島はシンガポール本島の南にある島。

多数のレジャー施設があり、有名な観光スポットです。

東南アジアでは初めての「ユニバーサルスタジオ・シンガポール」のある場所でもあります。

日本よりは規模は小さいけれど、日本にはないアドラクションも!

やはり大人気のため、結構混んでいるようです。

また、セントーサ島にはその他

シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)、ウォーターパーク等があります。

とにかく観光客がいっぱい!世界各国の人で大変賑わっていました。

シンガポール本島からセントーサ島へのアクセスは

・ケーブルカー

・モノレール

・車

等の行き方があり、本島からはマウントフェーバー駅またはハーバーフロント駅から

ケーブルカーが出ています。

私たちはモノレールで移動しました。

このセントーサ島に向かう道中で、

シンガポール湾に沢山の大型タンカーやコンテナ船が見えます。

華やかなシンガポールの裏側がこうなっているとは、ちょっとイメージと違いました。

表でみるキレイな高層ビル群とはまったく違う景色。

そういえば、マラッカ・シンガポール海峡は狭くて浅いらしいですね・・・。

表と裏でこんなに風景が違うなんて、シンガポールの意外な1面を見た気がしました。

スポンサーリンク

セントーサ・マーライオン

セントーサ島の中央部には、この島のシンボルでもある

「セントーサ・マーライオン」があります。

高さが約37m!とても大きいです。( ゚д゚*)

中に入り、エレベーターで展望エリアまで登ることもできますが、

私たちは上りませんでした。夜は目が光るらしい。。

アジア最南端ポイントは、セントーサ島の南にあるパラワンビーチにあるので、

モノレールの終点駅の「ビーチステーション」駅まで移動します。

その駅前の道を東に進むとパラワンビーチに!

実はここからはビ-チ・トラムが走っているのですが、とにかく混んでいる!

どこの停車駅にいっても満員で乗ることができず、ひたすら炎天下の中歩きました。

暑い~~ ヾ(´ε`;)ゝ

やっとパラワンビーチに到着です。

パラワンビーチに吊り橋が架かっていて、

それを渡ると「アジア大陸最南端ポイント」に着きます。

吊り橋は大きいものではないので、1名ずつ歩く感じです。

橋桁同士が意外とずれたりしていて、これまた結構揺れる!!

怖いよ~~

カピ夫くんは揺れに弱く、その後気持ち悪くなってしまいました。。σ(´ x `;*)

しかし、その揺れに耐えて先を抜けると、海を一面見渡すことができます!

広い水平線を見ながら、「アジア大陸最南端」しばし二人でのんびり休憩。

お天気の良い日にはここからインドネシアの島々も眺めることができるそうですが、

私たちが行った日は、???でした。ちょっと残念。

シンガポールはとにかく歩きまくり!

スマホの万歩計が毎日2万歩くらいになっていて、

クタクタに疲れていた日々なのでした!

VELTRA 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク