【バリ ブランコ】 ウブドで絶景ブランコ!「Terrace River Pool Swing」

Pocket

バリ島では最近「ブランコ」が有名になっています。

最初「ブランコ?」と聞き返してしまったのですが、そう!

あの子供のころに遊んだ遊具の「ブランコ」のことです。

インスタで話題になっていたようですが、中年夫妻は露知らず・・・。

でも、現地の方にお勧めいただき

私たちも「ウブド」にあるブランコに行ってまいりました!

ブランコは英語で「Swing」

ウブドにもいくつかのブランコがありましたが、私たちは

「Terrace River Pool Swing」というところに行ってきました。

■Terrace River Pool Swing

テガラランの通りです。

クタから1時間ほどで着くかと思っていたのですが、

とにかくバリは渋滞がすごい! ヽ(゚Д゚;)ノ!!

2時間弱ほどかかりました。バリの渋滞恐るべし。。

「Terrace River Pool Swing」はカフェも併設されており、

絶景を見ながらコーヒーを飲むことができます。

このカフェにいくまでに、この写真の看板がありました。

Life is short

Enjoy your coffee

なかなか深いですね。。。

「No Music No Life 」的なキャッチコピーでした。

高価なジャコウネコのコーヒー「ルアックコーヒー」も販売されてます。

ジャコウネコ、いっぱいいました!

スポンサーリンク

高級コーヒー「ルアックコーヒー」とは

ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせて、糞を使用するらしいのですが、

何故そんなことに・・・と疑問がいっぱいの私。。。

もちろんキレイにして焙煎するので問題ないらしいですが(当たり前じゃ!)

全く買う気にならないのでした。。

でも日本で飲むと1杯1000円以上するらしく、

バリで買うと安いとのことで、大変人気の模様。

また、ここでは10種以上のお茶とコーヒーを試飲することができます。

上にある紙のようなものがメニューで、下が試飲の飲みもの。

上一列がお茶で、下がコーヒーでした。

個人的には、下のコーヒーの列が美味でしたが、お茶たちはビミョー。

このカフェの目の前には

床がスケルトンの展望台のような場所もあり、

海外の観光客のみなさんがおそるおそる足を踏み入れてました。コワ!

はい、寄り道が多かったですが次々いきましょう。

本日のメインイベント、ブランコです。

夫がブランコに乗る

高所恐怖症のカピ子は全くもってムリなのですが、

勇敢?にも夫のカピ夫くんが「どうしても乗る!」というので

私はそっと見守ることに。

ちなみに、ブランコのイスの部分、これです。

個人的に全く信用できない(笑)

これに、金具をカチっとつけただけで

ジャングルに向かって、放り出されるのです、笑

めっちゃ不安。。。

ちなみに、どうやってブランコをつるしているかというと↓

ヒモを結んだだけ??? ( ゚д゚*)

隣のブランコからは、海外の方の絶叫が聞こえてくるし

ますます不安な私。

下のほうに見える仏像?的なオブジェが余計にシュールでした。

何人か順番を待って

いよいよカピ夫くんが乗ります!

体にハーネスをつけて、その金具と、ブランコをとめてハイおしまい。

そんな簡単でいいの?と思いましたがいよいよスタート!

男性3人がかりで、なんと手押しです。

10回くらいは往復したように思います。

ブランコは揺れるとこんな感じ。一気に高いところに放り出されます。

悲鳴と歓声がいろいろ聞こえてきますが、女性は結構楽しんでいるようでした。

体格の良い白人男性の絶叫が聞こえる中、

カピ夫くんも「おおぉ・・・」と絶妙な悲鳴を上げ、ブランコに乗っていました。

ヒモをつないでいる木がいい具合に揺れており、恐怖倍増。笑

フラフラになって戻ってきた本人に聞くと

「めっちゃコワい・・・(゚д゚lll)」

とちょっとブルーな感じ。。

中年のおじさんには刺激が強すぎたようです。

彼曰く

体が前に放り出されそうになるので、それがものすごくこわかったらしい。

体重の軽い、細身の若い女性が一番楽しめるのかもしれませんね。

おちなみに、価格ですが、

入場料のほかにブランコに乗るのにお金がかかります。

一番スリルのあるコース(スーパーエクストリームSwing)

は2000円程度。

普通?のコワさのもの、(エクストリームSwing)は1500円、

二人乗りは3000円程度でした。

高いところが大好きな方、スリリングなアクティビティが大好きな方には

とてもオススメです。

中年にはすすめません。笑

景色だけ見るのも良いですよ。普段なかなか見れない景色かもしれません。

まだまだ見たことのない景色ばかりだな~と思う

カピ子なのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク