サムイ島 ベストシーズンのリゾートアイランドで最高の休日を! Koh Samui

Pocket

さて、今日は私たちの大好きな場所、タイの「サムイ島」をご紹介。日本ではプーケットが大変有名ですが、実は「サムイ島」もとっても素敵なビーチリゾート。近年開発が進んでおり、世界のラグジュアリーホテルもこぞってサムイに進出しています。

昔の素朴なココナッツの島から、最近は高級な大人のリゾートして急速に進化を遂げています。

メジャーになってきたのはうれしいけれど、価格は高騰。。うれしいような、寂しいような・・・何はともあれ、サムイ島編、それでは行ってみましょう! (´∀`)

————————————————————-

サムイ島(Koh Samui)

タイで三番目に大きな島で、タイの東海岸沖にあります。(プーケットは西海岸側です)

年間を通しての気候が比較的安定していて過ごしやすく、雨が多いのは11月~12月。2月~6月は気候がいいです!3月~4月はとても暑いですが、雨が少ないので海がキレイ。ダイビングなど良いですね。また、5月から10月はタイ国内の雨季にあたりますが、サムイ島は雨量が少ないのでたとえ雨が降ってもスコール程度で1日中はあまり降りません。なので夏休みの旅行も快適です!

バンコクから飛行機で1時間10分程度。バンコク・エアウェイズが1日何便も飛んでいます。また、シンガポールからだと、チャンギ国際空港から、バンコク・エアウェイズで1時間40分ほどです。

スポンサーリンク

サムイ島の空港

サムイ島の空港(サムイ国際空港)は、空港にはめずらしい「かわいらしい」空港です。本当にここが国際空港?(・_・?)ってちょっと心配になるくらい素朴。空港で「かわいい」って表現・・・???って思いますが、南の島感がいっぱいのこじんまりとした空港なのです。個人的にはこの空港が大好きです。

なぜ、空港なのにこじんまりしているかというと ここはその昔・・・、バンコクエアウェイズが自社で作り上げた専用空港で、それを現在は使用料を払って、他社が乗り入れをして使用しているようです。

※昔は大変だから誰もド田舎 サムイ島に空港は作らなかったらしい。

先見の目があったバンコクエアウェイズ!尊敬。

だから、サムイ行きのチケットは少し高いというわけ。(空港使用料が高いのか。。) 儲けてるな~バンコクエアウェイズ!未来を予測した経営力の勝ちですね。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

飛行機から降りると

サムイの空港は、飛行機からタラップを降りると、この乗り物にのって到着ロビーまで移動します。ほのぼの・・・

アトラクションみたいで楽しいな~  これでもれっきとした国際空港です(笑)

気温も高く、降りた瞬間から「南国に来た!」って感じがすごいです。

荷物を受け取る場所もこんな感じ。なんだかアットホームですよね。

ホッコリしすぎたのか、「荷物がこないな・・・」とずっと二人で待っていたら、隣の受け取りブースでずっと待っていました。 (・・*)ゞ しまった。。でも、何はともあれ、ロストバゲージでなくてほっと一息。

また、驚くのがお手洗い! ΣΣ(゚д゚lll)

男子トイレをカピ夫くんが撮影してまいりました。南国感いっぱいのお手洗いです!

トイレの上がこの水槽だそうで。珍しいですよね!

空港からはミニバスやタクシーで移動です。サムイ島は、小さい島なので空港からの移動が早い! ラクチンです。

さあ、これからホテルへ移動です。

楽しい夏休みの始まり始まりです! (^∀^*)ノ

その2につづく

サムイ島のホテル、agodaでクチコミをチェック!安く泊まるのは早い者勝ち!

  

関連記事


サムイ島 ホテル コスパ抜群!140平米の絶景プールヴィラ その1

【サムイ島旅行 準備】持っていくもの ベスト5

【サムイ島 観光 おすすめ】ボプットフィッシャーマンズビレッジ 楽しい金曜日のナイトマーケット

虫除け アロマ スプレー「ロクシタン ヴァーベナ アウトドア ミスト 」ビーチ旅行にも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク