【パタヤ 観光 穴場】KAAN SHOW 絶対行きたい!大迫力の新感覚エンターテイメント

Pocket

今日は大迫力のエンターテイメントショー 「KAAN SHOW」のご紹介。

「KAAN SHOW」とは何ぞや、と思いますが、ビールで有名な「SINGHA社」が主宰した

タイの技術と芸術の粋を結集した世界的なショー。

2017年05月より上演しており、なんと10億バーツを投資して開催する

シルクドソレイユのような、エンターテイメントなのです!

日本円にすると30億円以上? ヽ(゚Д゚;)ノ!!

そんな「KAAN SHOW」はこちらで開催されております!

「SINGHA D’LUCK Cinematic Theatre」

中心部からはちょっと離れた南のほうに新しく建設されたシアターです。

よっ! SINGHAお金持ち!

ちなみに「湯の森パタヤ」から歩いてすぐです。

両方行くってもアリですよね。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

スポンサーリンク

迫力の動画も

これは絶対行きたいですよねー!

今、パタヤの街では大々的にプロモーションがされており、

「KAAN」バスのような、ラッピングされた車もよく通っています。

実際通っているのはこんな車↓

それだけ注力をあげているプロジェクト、わざわざ日本からでも

見に行きたいくらいですよね。

ショッピングセンター等でも特設ブースがあり、価格が表示されているのですが、

これが結構高い!  (*゚△゚)ウッ!!

———————————————

■通常料金

スカイゾーン:2,500バーツ

クラウドゾーン:3,000バーツ

オーシャンゾーン:3,000バーツ

スターゾーン:4,000バーツ

※本日のレートだと

1タイバーツ =3.4772979 円
———————————————

ガ━━(゚д゚;)━━ン!! タカイ・・・。

ファミリーで行くのは厳しいよ、、、

・・・・・と思っていましたが、、安く買えるところも見つけました!

英語での申し込みになりますが、とっても安いです。

→参照記事:香港、シンガポール、タイ、韓国など東南アジア旅行のアクティビティ予約サイト「KLOOK」はとっても安いです

また、 日本語字幕でこのプロジェクトの説明動画もありました。

世界各国の言葉の字幕バージョンがありますので、これにかける思いが伝わります。

かけた費用、スタッフの数等・・・ものすごいです。

こういうエンターテイメントショーが大好きで、世界のショーを見て回りたいな、、とおもうカピ子なのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク