スポンサーリンク
Pocket

もうすぐ年末年始の休みになりますね!

みなさん、どこかへお出かけするのでしょうか。

もし、「今年初めてタイに行く」という方もいらっしゃるかと思いますので

準備についてご案内できればと思います。

もちろんカピ子がご案内するのは女性向け。少しでもご参考になれば。

タイ旅行 準備しておくと便利なもの

 

歯磨きセット

タイのホテルのアメニティは、基本ハブラシがありません。

5つ星でも無いところもあります。そういう文化なのでしょうか。

 

よくホテルの口コミで「歯ブラシがない!」とか怒っている方見かけますが、

それはリサーチ不足かも。。

「ハブラシないじゃん」と腹を立てて、せっかくの旅行を台無しにするのはもったいないので、

ぜひご自分で歯磨きセットを持参ください。たかがハブラシ・・・されどハブラシ。

 

もちろん、タイのコンビニで購入も可能です。

私も最初歯磨きセットをもっていかず、現地で買いました。

その際びっくりしたのがタイのハブラシのヘッドの大きさ!

日本の1.5倍くらい大きいです。

 

タイ人、体は華奢なのに、口は大きい?!

なかなかボリューム感たっぷりの歯磨きができます。もごもご・・・

まぁ、話のネタにはなるので、1度買ってみるのも面白いかもしれません。(๑´ڡ`๑)

 

あと、歯磨き粉も味(味っていうのかな・・・むむ)が日本と違うので、

こだわりのある方は 持って行ったほうがハッピーですよ~。

カピ子は最初慣れずに「オエっ」ってなった人です。

 

上着やストール

暑い国に行くのに?と思うかもしれませんが、タイは結構エアコンがきついところがあります。

女性は冷えが苦手ですので、簡単に羽織れるものをもっていくことを強くオススメします。

飛行機も冷えますしね。

デパート、映画館等はサービスなのかとってもエアコン効いてます。

カピ子は昔、薄手のワンピース、素足にサンダルで映画館にいって(アホ…)

凍りついたことがあります…。ご注意ください。

 

最近ではUVカットができる薄手の上着がありますので、日焼け対策にも役立つと思いますょ!

 

余談ですが、タイは大概、そこそこの規模の店だとエアコンがガンガンに効いているのですが

バリはエアコンがきいているお店がほとんどなく、めちゃめちゃ暑かった記憶がすごいです。

(マックとバーガーキングくらいだったw)

 

USB電源

タイは、電圧が日本の2倍で220Vです。

旅にはスマホ、タブレット、カメラ、ヘアアイロン等をもっていくかと思いますが、

充電用に220V対応のUSB電源をもっていくと便利です。

 

昔は変圧器を買って持って行きましたが・・・(若者は知るまい)

今はUSB電源で十分です。

 

最近のスマホの充電器は240VまでOKなものも多いですが、(その場合はもちろん、わざわざ買わなくてもOK)

もしお持ちでない方はご参考までに。その際は対応ケーブルをお忘れなく!

楽天やアマゾンで1000円程度で購入できます。

 

また、コンセントの形状は日本と同じです。

 

あと、コンセントといえば・・・ちょっと話しがそれますが  ヾ(´ε`*)ゝ

世界いろんなところを回るときに便利だったのがコレ。

 



各国、プラグの差込口の形が違うのですが、このプラグは

その国の差込口に合わせて組み立てると、なんとどこの国でも使えます!

タイはそのままでOKなのですが、その他の国に行くときとっても便利でしたよ~。

いろんな国のコンセントに差しました、笑

 

参照記事:

 

つい自分がよかったものは勧めたくなる習性があり 笑

おばちゃん道をつきすすむ?カピ子なのでした。

スポンサーリンク
海外旅行に行くなら!世界のラウンジで使えるプライオリティパス

世界の空港で使える「プライオリティパス」をご存知ですか?

「プライオリティパス」とは、利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず、

いつも最高のラウンジクラスが体験できる会員制サービスです。

 

空港ラウンジ内では、無料の飲み物や(場所によってはアルコールもあります)
軽食が利用でき、また世界の多くの空港ラウンジでは、無料Wi-Fi接続サービスや電子機器の充電設備も利用可能。

シャワールームが併設されている空港ラウンジもあり、とても快適にフライトまでの時間を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿


長い空港でのフライトの待ち時間の間がちょっと辛いときもありますが、

このサービスを利用すると綺麗な空間で無料で軽食やドリンクを楽しむことができ、落ち着いた環境で仕事も可能。

 

「海外旅行や海外出張をより快適にしてくれる」とってもお得な知る人ぞ知るサービスです。

プライオリティパスを利用するには、会員プランがあるのですが、年会費がかかります。

それだけにわざわざ高額な年会費を払うのもためらいますよね。

 

実は、それ以外にもお得に利用できる方法があります。

 

それは、「プライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードを利用する」ことです。

 

ステータスが高いゴールドカードやプラチナカードに付帯されていることが多いですが、

各クレジット会社の年間の会費も結構高い!

 

プライオリティパス付帯のクレジットカード年会費 (2021.6現在)

セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
カード
13,200円
楽天プレミアムカード 11,000円 JCBプラチナ 27,500円
JAL アメリカン・エキスプレス・
カード プラチナ
34,100円 アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
31,900円
MUFGカード・プラチナ・
アメリカン・エキスプレス・カード ANA JCBカード プレミアム
22,000円 ANA JCBカード プレミアム 77,000円
セゾンプラチナ・アメリカン・
エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
プラチナ・カード
143,000円

 

 

その中で、最安値で便利なプライオリティパスを入手できるクレジットカード

楽天プレミアムカードです。

世界各国のラウンジが無料で使えて、旅行損害保険つき。

旅行にいく旅、都度保険に入る手間もお金も省けます。

 

そしてさらに楽天プレミアムカード「トラベルコース」を選択しておくと、手荷物宅配サービスというものがあり、空港から重いスーツケースを無料で送れるチケットが年間2枚ついています。

空港から手ぶらで帰れるので、長距離フライトで疲れているときも空港からの帰りがとってもラクですよ!

 

世界148カ国、600都市の、1,300カ所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパス。

ポイント還元率も他のカードよりも高く、日常のインフラ代などもこのカード決済にしてしまえば、かなりのポイントが溜まります!(そして溜まったポイントは楽天ふるさと納税にも使えます)

旅好きの方にはぜひ

楽天プレミアムカードオススメです。愛用中!