タイ フードコートの利用方法「カトラリーはセルフ煮沸消毒すべし」の巻

Pocket

タイのビギナーの方にちょっとおせっかいを。

(東南アジア全般かもしれません)

いろんなところにフードコートがあり、安価で楽しめますが、日本と違うところがあります。

それはカトラリー類(お箸や、スプーン、フォーク)の取り扱いについて。

日本では最初から割り箸やフォーク等が渡されたり、あるいは、テーブルの上のおはし箱等に

セットされていますよね。だから最初から戸惑うことは何もないのですが。

タイはお箸、どこでもらうんだろ・・・

その昔、カピ子が初めてタイのフードコートにいって、「???」となったのはこちら。↓

スポンサーリンク

ん??これはなあに??ヽ(゚Д゚;)ノ!!

実は・・・

それはカトラリー類(お箸や、スプーン、フォーク)を

自分でお湯で消毒してから使用するものなのです。

(゜∇゜ ;)エッ!?

なんですって??

最初は結構びっくりしましたが、カピ夫が何事もないようにシャシャっとお湯につけて準備していました。

なるほどねー。そういうことねー。。

お箸やスプーンは必要な物をセルフサービスし、その上自分で煮沸消毒。自分の身は自分で守る系ですね。

あれから何年もたち、カピ子も今では戸惑わずシャシャってお湯につけて、おいしくいただいています。

みなさんもタイのフードコートでこういう図を見かけたらそれはセルフ煮沸です。

こういうとき、日本ってやっぱいいな~ って思うカピ子なのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク