「香港航空の一部保有機、空港管理局が差し押さえ」なんてショック・・・

Pocket

最近、ショックなニュースが。

破格の安さで我が家がよく利用していた「香港航空」。

こんなニュースが先日出ていました。

香港の空港管理局は17日、香港航空が一部の支払いを怠ったことを受け同社の保有機7機を差し押さえたと発表した。

60日以内に支払いが履行されなければ、管理局が7機を売却することが法令で認められている。

Bloomberg記事より引用

香港で6月に抗議活動が本格化する前から、香港航空の業績は低迷していた模様。今回の機材差し押さえで、破綻を免れたようですが、今後どうなるのか。。

香港航空はエアバス39機を保有しているので、7台差し押さえにあっても、もちろん運行はしているのですが、なんと機内のエンターテインメントシステムの提供を12月1日より停止するそうです。くうぅ、これまた厳しい。

香港航空はLCCではないのに、ものすごくチケットが安く、その上荷物も無料で預けられ、お食事まで出る驚きの航空会社だったのに、なんだかこの状況がとても残念です。(CAさんもキレイw)

直行便より少し時間はかかるけど、香港経由で東南アジア各国をめぐると格安で、おまけにストップオーバーで香港にも旅行できてお得だったのに、ここ最近の香港の情勢等を考えるといろいろ寂しい次第です。

個人的にはボーイングよりも、エアバスの機体のほうが好きだし。。

香港経由の東南アジア旅格安旅を愛するので、今後も香港航空と、キャセイパフィシック航空にもどうしてもがんばってもらいたいカピ子なのでした。

また香港経由でいろいろ回りたいな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク