【タイ 映画】ついつい見てしまう 愛すべきオネエ様達 「アタックナンバーハーフ」

Pocket

ちょっと今日はいつもと違うご紹介。

タイの映画、「アタックナンバーハーフ」ってご存知ですか?

愛すべきタイのオネエたちが、差別や偏見を乗り越えてバレーの大会に勝利していくというストーリー。

そう、お気づきのとおり、オネエ版の「アタックNo.1」なのです。。

最初はギャグで製作されたのかと思いきや、よくよく調べてみると

タイで実在したLGBTのバレーボールチームの実話を元にしたと聞いてびっくり。

コミカルな内容になっていますが、実は結構現在社会が見えかくれ・・・

タイではフツーにオネエの方がいらっしゃるので、てっきり、結構市民権を得ているのかと思いきや、

この映画を見ると、ものすごい偏見や差別の中で彼ら(彼女ら?)が生きづらい暮らしを送っているのだな、、と

知ることができました。みんな、大変なんだな・・・。(゜ロ゜)

この映画、私たちは日本で見たのですが、なんだか家で見終わったあと、

なぜか二人ともタイ旅行にいった感じになり、タイ大好きカピ夫くんはとても満足そうでした。

いろんな街中の風景が出てくるからでしょうか?

日本よりもずっとLGBTについては理解があると思われるタイでさえ、

こんなに苦労があるのか、、と改めて学習。

その後、パタヤに旅行に行った際に

いろいろオネエ様に遭遇した際は「ガンバレー!負けるなー」と心の中で

いつも応援しているカピ子なのでした。

映画のストーリーはなかなかベタなのですが

ティファニーに行く前 or、行った後、見てみるのはいかがでしょうか。

みんな偏見に負けずガンバレ!

個人的には結構、オネエ様たちのこと好き☆ (^_-)

タイがお好きな方、ものすごい気が向いたらレンタルDVDで見てみてください。

Amazonプライムビデオにもありました。外出が面倒なときにどうぞ(笑)

Amazonプライムビデオで「アタックナンバーハーフ」を探す



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク