【パタヤ 観光】おすすめ 真実の聖域 The Sanctuary of Truth(サンクチュアリ オブ トゥルース) その②

Pocket

サンクチュアリ オブ トゥルースの続きです。

そもそも「サンクチュアリ オブ トゥルース 真実の聖域」ってなんやねんって感じですが・・・

この建物はタイの富豪(すでに他界)が作っているもので、「アジアに古代から受け継がれてきた宗教の知識を具現化する場所を作り、複数の異なる宗教のシンボルを混ぜ合わせることで 1 つに統合された人間の真理を追い求めること」が目的とされているようです。

「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない・・・」みたいに、長くてカピ子にはよく分からず むむ・・深い

やっぱ金持ちとアーティストは一味違います。

さて、入場してから結構歩いて、やっと寺院に近づいてきました。

海をバックに素敵ですね。荘厳な感じです。

ちなみにこの寺院、高さは100メートル。

近くにやってきました。

遠くから見ると分かりませんが、実は近くで見ると彫刻がものすごいのです!ホラ↓

ほら、この屋根の上も1つずつ細かい細工がすごい!すばらしい芸術です。

おびただしい数の仏像彫刻が、屋根や尖塔、壁を覆っています。

神や仏、動物といった多種多様な彫刻で、とても神秘的ですね。

タイって、お店に買い物に行っても店の人が寝ていたり、ご飯食べてたり・・・、はたまたカブ(バイク)に4人で乗ったり、

のんびりだったり、ワイルドだったり。

でもこういう彫刻を作る繊細な芸術家も沢山いらっしゃるんですね。

カピ子は、ヘルメットを被りながらも感動していました。

これは建物の内部です。王様の写真でしょうか。


木をノミで削ってこの作品にするのか・・・すごいな

アジアの「サグラダファミリア」いかがでしょうか

いろいろな宗教がMIXされていて、なかなかカオスですが、宗教建築が好きな人にはカピ子はオススメです。

私はスペインのサグラダファミリアも見たのですが、サンクチュアリ オブ トゥルースもなかなかステキですよ。

ぜひ足を運んでみてください。

あと、いまさらですが、ここも露出の高い服装はNGです。

ではまた~



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク