【タイ 道路事情】パタヤ 大通りはツライよ

Pocket

その昔私が初めてタイに行って困ったことの1つをご案内。

それは・・・

大通りは「道が渡れん」(汗)

パタヤのセントラルフェスティバルのあたりもそうですが(ビーチロード側じゃないほうです)、

信号はあんまりありません。

自力で向こう側に渡るしかないのですが、これが慣れるまでなかなか大変。

セントラルフェスティバルの近くの「ナイトバザール」まで歩いていきたかったのですが、

車がひっきりなしに通るし、数人乗ったバイクもブンブン飛ばしてきます。

ソンテオもプップーとクラクションを鳴らしてドンドン進んでくるし、、

ど、どうやったら・・・と固まっていたら

カピ夫はスイスイ~と一人で渡っていくのではありませんか!ヒドイ。(基本、カピ夫は自由・・・)

なにぃ、ちょっと、後ろの私にも声かけてよ (`ε´)

ショック、おいて行かれた・・・どうしよう、自力で渡るしかありません。

何度か道に出ようとするのですが、すごい交通量に圧倒されてオロオロ。

そんな時、ちょうど近くに道を渡ろうとしている人を発見!

ささっと近くにいって、一緒にお供してなんとか渡りきりました。

セーフ。

カピ子は団体行動キライだけど、、こういうときは、しれーっと団体行動(笑)

その時学びました。

教訓:慣れない初心者は、渡りそうな人を探す&待つ。

これに限ります。

皆さん、慣れるまでは本当に気をつけて!

特に、セントラルフェスティバル近辺は、少し待っていると必ず白人の観光客が出現し、うまく渡ってくれます。

それに便乗するのが初めての方にはオススメです。

たかだか道を渡るだけなのに、めっちゃドキドキ&達成感。

都会のオフィスで働いているだけでは感じることのない感覚です。(良くも悪くも)

それから、「道渡るときはおいていかないで・・・」といつも頼んでいます。

でも今では上達してますよ。

※おまけ

その数年後・・・、カピ子はベトナムのもっと強烈な道路で、

さらにすごいバイク攻撃の洗礼にあい、またもや道路でオロオロするのでした・・・。

「私は信号のある国が好き、、、」そのときだけはいつも思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク