スポンサーリンク
Pocket

何回行ったかわからないほどタイに頻繁に行っていながらも、寄り付かずにいた場所。それはパタヤの「ミニサイアム」

「ミニサイアム」という名のごとく、タイの建造物がミニチュアで見れるだけではなく、世界の有名観光地もミニチュアでみることができるパークアトラクションです。

※サイアム(SIAM):タイ王国の昔の名称です。

 

ミニチュアと聞いて、日本人としてはどうしても「東武ワールドスクエア」が頭に浮かび、わざわざ行くのもな~と思っていたのですが、重い腰を上げて夫婦で行ってまいりました。

■ミニサイアム パタヤ

パタヤのスクンビット通りにあります。バンコクからは140kmほど。

庭園には、バンコクの王宮をはじめ、タイ全土に現存する80もの建物や有名な遺跡の他エッフェル塔や、自由の女神など世界各国の有名な建造物を25分の1のスケールで再現しています。特にライトアップは必見です。また、民族舞踊のショーやミニ・ゴーカートを楽しむこともできます。

 

アクセスはあまりよくないので、ホテルからバイクでGO。

施設に関しては「期待してはならぬ・・・」と覚悟していったものの、入り口に着いた瞬間から「ひぇ~」ってなりました。。シビれる建物だぜ・・

 

■しびれる建物の入り口

この入り口で、事前に買っておいたチケットを見せて、中に入りました。

私たちはいつも良く使う「KLOOK」のアプリで予約で安く購入できました。「KLOOK」のアプリは、お得なので是非オススメです。

1000円ちょっとのところ、私たちは880円くらいで購入。

参照記事→香港、シンガポール、タイ、韓国など東南アジア旅行のアクティビティ予約サイト「KLOOK」はとっても安いです

 

日差しが強いので、「日傘をどうぞ!」とスタッフの方が声をかけてくれ、貸し出し用の日傘を二人ともお借りして、いよいよ中へと入ります。

※「日差しが強いときに日傘を使うのは日本だけ」という記事をどこかで見たことがありますが、そんなことはありません(笑)少なくともタイではこのように使用していました!

 

■真心?の貸し出し用傘。助かりました。

 

中に入ると、「お、タイに来たな」と思わせるオブジェがいろいろ。

 

 

と、思いきや、このムキムキ像は??

案内を見てみるとロシアの何かでした。(よくわかりませんでした)

 

日本、ということらしいですがなぜかゴジラ。鳴き声もしました。チョイスが渋いですよね。

 

おっと、これはよいのでしょうか。無邪気に遊ぶ、見覚えのある二人・・・。許可とってる?笑

ドラえもんの近くには恐竜も。

 

やっとこの辺で、観光地っぽいオブジェが出てきました。まずは手前が「ミニヨーロッパ」らしく凱旋門登場。

ロンドンもあります。

ヨーロッパで本物を見てしまうと、結構この辺は素通りしてしまいます。笑

 

でもヨーロッパじゃない地域も沢山あり、、、

なぜかシンガポール

 

そしてオーストラリア。これがまた絶妙な小ささ・・・

 

エジプト。個人的にはこれが一番良かった、笑

 

 

敷地はかなり広いです。結構歩くので歩きやすい靴で行くのがオススメです。

 

ミニヨーロッパを過ぎて奥まで行くと、今度は「ミニサイアム」です。

タイの建築物がいろいろと出てきます。

カンチャナブリでしょうか。

タイのゾーンでは庭園を管理する方々が多く、きちんと芝など手入れがされていました。

私たちが行った際は園内ガラッガラでほぼ貸切状態でしたが、ライトアップもあるようで、夕方などは結構人も多い様子です。なかなかインスタには面白いのではないでしょうか。

とにかく昼間に行くと暑いので、涼しい時間に行くことをオススメします。てか、ここはあんまりオススメしないけどね。日本の東武ワールドスクエアのほうが作りが緻密です。

 

おまけ

これもまた無許可っぽいものが・・・汗

タイのリゾートは大好きですが、やっぱりテーマパークはタイじゃないほうがいいな、笑

そう思うカピ子なのでした。

 

■東武ワールドスクエアのほうがおすすめです


るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原'20

スポンサーリンク
海外旅行に行くなら!世界のラウンジで使えるプライオリティパス

世界の空港で使える「プライオリティパス」をご存知ですか?

「プライオリティパス」とは、利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず、

いつも最高のラウンジクラスが体験できる会員制サービスです。

 

空港ラウンジ内では、無料の飲み物や(場所によってはアルコールもあります)
軽食が利用でき、また世界の多くの空港ラウンジでは、無料Wi-Fi接続サービスや電子機器の充電設備も利用可能。

シャワールームが併設されている空港ラウンジもあり、とても快適にフライトまでの時間を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿


長い空港でのフライトの待ち時間の間がちょっと辛いときもありますが、

このサービスを利用すると綺麗な空間で無料で軽食やドリンクを楽しむことができ、落ち着いた環境で仕事も可能。

 

「海外旅行や海外出張をより快適にしてくれる」とってもお得な知る人ぞ知るサービスです。

プライオリティパスを利用するには、会員プランがあるのですが、年会費がかかります。

それだけにわざわざ高額な年会費を払うのもためらいますよね。

 

実は、それ以外にもお得に利用できる方法があります。

 

それは、「プライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードを利用する」ことです。

 

ステータスが高いゴールドカードやプラチナカードに付帯されていることが多いですが、

各クレジット会社の年間の会費も結構高い!

 

プライオリティパス付帯のクレジットカード年会費 (2021.6現在)

セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
カード
13,200円
楽天プレミアムカード 11,000円 JCBプラチナ 27,500円
JAL アメリカン・エキスプレス・
カード プラチナ
34,100円 アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
31,900円
MUFGカード・プラチナ・
アメリカン・エキスプレス・カード ANA JCBカード プレミアム
22,000円 ANA JCBカード プレミアム 77,000円
セゾンプラチナ・アメリカン・
エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
プラチナ・カード
143,000円

 

 

その中で、最安値で便利なプライオリティパスを入手できるクレジットカード

楽天プレミアムカードです。

世界各国のラウンジが無料で使えて、旅行損害保険つき。

旅行にいく旅、都度保険に入る手間もお金も省けます。

 

そしてさらに楽天プレミアムカード「トラベルコース」を選択しておくと、手荷物宅配サービスというものがあり、空港から重いスーツケースを無料で送れるチケットが年間2枚ついています。

空港から手ぶらで帰れるので、長距離フライトで疲れているときも空港からの帰りがとってもラクですよ!

 

世界148カ国、600都市の、1,300カ所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパス。

ポイント還元率も他のカードよりも高く、日常のインフラ代などもこのカード決済にしてしまえば、かなりのポイントが溜まります!(そして溜まったポイントは楽天ふるさと納税にも使えます)

旅好きの方にはぜひ

楽天プレミアムカードオススメです。愛用中!