リプトンティーバッグ 東南アジアでは高級?!

Pocket

東南アジアを旅していて、レストランで紅茶をオーダーした際、紅茶ではなく、あえて「お湯とリプトン のティーバッグ」が出てきて面食らったことってありませんか?

カピ子はあります!!何故だ、何故に入れてきてくれないんだぁ・・・と思いました、笑。

でも実は、日本人の感覚とは全く違う理由があり、わざわざこの状態で運ばれてくるのです。

それは・・・、東南アジアでは、紅茶は葉っぱで買うほうが断然安いので、ティーバッグは高級品。通常は葉っぱを利用しています。

その為ちょっとイイところに行くと、あえて、「うちは高いティーバッグを使用しています。しかもリプトンなんです!」という表示のようなのです。いわば高級アピール。

私も最初それを聞いたときはびっくり!へー、知らなかった!。日本だと逆ですよね。葉っぱより、ティーバッグのほうが何だか手抜きっぽく感じてしまいます。

もちろん、高級ホテルではそういうことはありませんが、街でお食事する際こういうことって何度か見かけました。異文化って、いろいろ面白いですよね。たかが紅茶、されど紅茶。

今日もいろんなことが気になるカピ子なのでした。

☆カピ子のおすすめ。リプトンのミックスベリー紅茶。大変お手ごろ価格で、とってもいい香りです!オススメ!デスクでよく飲んでます。

■楽天


リプトン ミックスベリー ティーバッグ(12包)

■Amazon


リプトン ミックスベリーティー ティーバッグ 12袋×6箱

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク