スポンサーリンク
Pocket

さて、今日は私たちの大好きな場所、タイの「サムイ島」をご紹介。

日本ではプーケットが大変有名ですが、

実は「サムイ島」もとっても素敵なビーチリゾート。

 

近年開発が進んでおり、世界のラグジュアリーホテルもこぞってサムイに進出しています。

 

昔の素朴なココナッツの島から、

最近は高級な大人のリゾートして急速に進化を遂げています。

 

メジャーになってきたのはうれしいけれど、価格は高騰。。

うれしいような、寂しいような・・・

 

何はともあれ、サムイ島編、それでは行ってみましょう!

-------------------------------------------------------------

サムイ島(Koh Samui)

 

サムイ島はタイで三番目に大きな島で、

タイの東海岸沖にあります。(プーケットは西海岸側です)

 

年間を通しての気候が比較的安定していて過ごしやすく、雨が多いのは11月~12月。2月~6月は気候がいいです!

3月~4月はとても暑いですが、雨が少ないので海がキレイ。ダイビングなど良いですね。

 

また、5月から10月はタイ国内の雨季にあたりますが、サムイ島は雨量が少ないのでたとえ雨が降ってもスコール程度で1日中はあまり降りません。なので夏休みの旅行も快適です!

 

バンコクから飛行機で1時間10分程度。

バンコク・エアウェイズが1日何便も飛んでいます。

また、シンガポールからだと、チャンギ国際空港から、バンコク・エアウェイズで1時間40分ほどです。

サムイ島の空港

サムイ島の空港(サムイ国際空港)は、空港にはめずらしい「かわいらしい」空港です。

本当にここが国際空港?(・_・?)ってちょっと心配になるくらい素朴。

 

空港で「かわいい」って表現・・・???って思いますが、南の島感がいっぱいのこじんまりとした空港なのです。個人的にはこの空港が大好きです。

 

なぜ、空港なのにこじんまりしているかというと

ここはその昔・・・、バンコクエアウェイズが自社で作り上げた専用空港で、それを現在は使用料を払って、他社が乗り入れをして使用しているようです。

 

※昔は大変だから誰もド田舎 サムイ島に空港は作らなかったらしい。

先見の目があったバンコクエアウェイズ!尊敬。

 

だから、サムイ行きのチケットは少し高いというわけ。(空港使用料が高いのか。。)

儲けてるな~バンコクエアウェイズ!未来を予測した経営力の勝ちですね。

飛行機から降りると

サムイの空港は、飛行機からタラップを降りると、この乗り物にのって到着ロビーまで移動します。ほのぼの・・・

 

アトラクションみたいで楽しいな~  これでもれっきとした国際空港です。笑

気温も高く、降りた瞬間から「南国に来た!」って感じがすごいです。

 

荷物を受け取る場所もこんな感じ。なんだかアットホームですよね。

 

ホッコリしすぎたのか、「荷物がこないな・・・」とずっと二人で待っていたら、隣の受け取りブースでずっと待っていました。しまった。。でも、何はともあれ、ロストバゲージでなくてほっと一息。

 

また、驚くのがお手洗い! ΣΣ(゚д゚lll)

男子トイレをカピ夫くんが撮影してまいりました。南国感いっぱいのお手洗いです!

 

トイレの上がこの水槽だそうで。珍しいですよね!

 

空港からはミニバスやタクシーで移動です。サムイ島は、小さい島なので空港からの移動が早い! ラクチンです。

 

さあ、これからホテルへ移動です。

楽しい夏休みの始まり始まりです!

その2につづく

 

 

関連記事


サムイ島 ホテル コスパ抜群!140平米の絶景プールヴィラ その1

【サムイ島旅行 準備】持っていくもの ベスト5

【サムイ島 観光 おすすめ】ボプットフィッシャーマンズビレッジ 楽しい金曜日のナイトマーケット

虫除け アロマ スプレー「ロクシタン ヴァーベナ アウトドア ミスト 」ビーチ旅行にも!

スポンサーリンク
海外旅行に行くなら!世界のラウンジで使えるプライオリティパス

世界の空港で使える「プライオリティパス」をご存知ですか?

「プライオリティパス」とは、利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず、

いつも最高のラウンジクラスが体験できる会員制サービスです。

 

空港ラウンジ内では、無料の飲み物や(場所によってはアルコールもあります)
軽食が利用でき、また世界の多くの空港ラウンジでは、無料Wi-Fi接続サービスや電子機器の充電設備も利用可能。

シャワールームが併設されている空港ラウンジもあり、とても快適にフライトまでの時間を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Priority Pass(@prioritypass)がシェアした投稿


長い空港でのフライトの待ち時間の間がちょっと辛いときもありますが、

このサービスを利用すると綺麗な空間で無料で軽食やドリンクを楽しむことができ、落ち着いた環境で仕事も可能。

 

「海外旅行や海外出張をより快適にしてくれる」とってもお得な知る人ぞ知るサービスです。

プライオリティパスを利用するには、会員プランがあるのですが、年会費がかかります。

それだけにわざわざ高額な年会費を払うのもためらいますよね。

 

実は、それ以外にもお得に利用できる方法があります。

 

それは、「プライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードを利用する」ことです。

 

ステータスが高いゴールドカードやプラチナカードに付帯されていることが多いですが、

各クレジット会社の年間の会費も結構高い!

 

プライオリティパス付帯のクレジットカード年会費 (2021.6現在)

セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
カード
13,200円
楽天プレミアムカード 11,000円 JCBプラチナ 27,500円
JAL アメリカン・エキスプレス・
カード プラチナ
34,100円 アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
31,900円
MUFGカード・プラチナ・
アメリカン・エキスプレス・カード ANA JCBカード プレミアム
22,000円 ANA JCBカード プレミアム 77,000円
セゾンプラチナ・アメリカン・
エキスプレス・カード
22,000円 アメリカン・エキスプレス・
プラチナ・カード
143,000円

 

 

その中で、最安値で便利なプライオリティパスを入手できるクレジットカード

楽天プレミアムカードです。

世界各国のラウンジが無料で使えて、旅行損害保険つき。

旅行にいく旅、都度保険に入る手間もお金も省けます。

 

そしてさらに楽天プレミアムカード「トラベルコース」を選択しておくと、手荷物宅配サービスというものがあり、空港から重いスーツケースを無料で送れるチケットが年間2枚ついています。

空港から手ぶらで帰れるので、長距離フライトで疲れているときも空港からの帰りがとってもラクですよ!

 

世界148カ国、600都市の、1,300カ所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパス。

ポイント還元率も他のカードよりも高く、日常のインフラ代などもこのカード決済にしてしまえば、かなりのポイントが溜まります!(そして溜まったポイントは楽天ふるさと納税にも使えます)

旅好きの方にはぜひ

楽天プレミアムカードオススメです。愛用中!