【パタヤ ホテル 高級】デュシタニ パタヤ Dusit Thani Pattaya

Pocket

今日は久々にホテル情報。

パタヤの高級ホテル「デュシタニ ホテル パタヤ」のご紹介。

日本ではなじみがありませんが、ここはパタヤでは超有名な老舗。

タイの老舗「デュシット インターナショナル」が経営しており、「デュシタニ」、「デュシットD2」、「デュシットプリンセス」、「デュシット デバラナ」の4つのブランドが現在はあります。

パタヤにあるのはその1つ「デュシタニ」。

グアムとかにもありますよね~。

デュシタニは社員教育がきちんとされていて、デュシタニ ホテルスクールもあるようです。

うんうん、ホテルはホスピタリティ大事です。

LCCに安くのって節約しているぶん、たまにはステキなホテルでバカンスです!

今回はちょびっとフンパツして「クラブルーム」に泊まった際のもろもろを記載していきます。

ホテル編は書き始めると毎度長くなるので、最近ちょっと腰が重くなっていた私。。

でもパタヤのステキなところを皆さんにご案内しなければ、とまたホテル編も再開です。

気が向いたときにちょこちょこ書いていきますね。

まず、場所はこちら。

市内中心部からは2 kmほどはなれたところにあり、プライベートビーチがありながらも

中心部へのアクセスも○。

全457室ある大型ホテルです。

駐車場も広い為、門からホテルの入り口までが長い!

炎天下だと歩くのしんどいです。(みんな普通は車か・・・)

チェックイン後にしか利用できない手ですが、カードキーがあれば、プール側の裏門から街道に出ることができるので

そちらを利用するととても便利ですよ。

(昼間は門番のおじちゃんがいます。ちなみにおじちゃんは英語が通じません。)

今回はクラブルームなので、1Fでは受付をせず、最上階のクラブフロアでチェックインになります。

(ちなみに、正面から入るとフロントは1Fですが、エレベーターでは実は4F!ご注意)

安いチケットで来たけど、、ちょっと優越感。 ヾ(´ε`*)ゝ

ラウンジはこんなかんじです。

海がみえるよ~

受付ではベテランの社員さんが親切丁寧にいろいろと説明をしてくれました。

5つ星ホテルの社員さんの英語はやっぱり聞き取りやすい方が多いですね。

タイ英語は少し聞き取りづらく苦手なのですが、だいたい(!?)理解することができました。

旅行前にちょこっと英語を思い出す練習

さて、いよいよお部屋へと移動。

ホテルに入ってから初めて気づいたのですが、

ここは、ヒルトンやケープダラと違って、建築されたのが昔なので、現在主流の建物より部屋の天井が低いです。

日本でいうと帝国ホテルやオークラ、ニューオータニみたいなイメージ。

それがちょっと古く見えてしまうのが残念ですが、でも良いホテルです。

予約する際に私たちが利用したのは「ボーナスナイト」というキャンペーン。

なんと3連泊すると3日目が無料というもの!なんてありがたい!

こまめにサイトをチェックすると掘り出し価格があるかも知れません。

次につづく

デュシタニ ホテル パタヤ 最安値をさがす



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク