タンジュンルーリゾート 食事とプール Tanjung Rhu Resort 

Pocket

タンジュン ル リゾート (Tanjung Rhu Resort)つづきです。

翌朝、

朝ごはんつきのプランにしていたので、レストランへと移動します。

ビーチ沿いを歩いて移動すると、こんな光景が。

広いきれいなビーチを守るため、朝から重機が活躍しています。

広いホテル内を歩いてレストランへと移動します。結構距離あるなー。

Sandsというレストラン。中はこんな感じ。

私たちが泊った際は、韓国、中国、中東の方が多くいらっしゃいました。

タイとは全く違う感じです。

韓国の方々が、何故か皆ドレスでした・・・。

食事は、ランカウイだけあって、マレー料理やインド料理です。

豚はありません。乳製品もほぼナシ。

ベーコンが食べたかったカピ夫はちょっと寂しそう。。

普段のタイの朝食とはメニューが違うため、よくわからない組み合わせで

料理を取ってきてしまう二人なのでした。

タイのホテルによくあるスイーツはなく、

甘いものはデニッシュやパイ!

そうです。。。イスラムの国にいくと、そうでした・・・。… Σ(゚ω゚)

全身黒い服を身にまとったイスラムの女性たちが、山盛りのデニッシュを取って

召し上がっていました。中東ではこういう甘いお菓子が人気とのこと。

いろいろと厳しい規律があって、

女性は大変そうだな・・・と遠くから見ていたのでした。

マメ料理とか、カレーとかもいろいろとありましたが、

アメリカンブレックファーストを愛するカピ夫くんは、ちょっと物足りなさそうでした。

食事を済ませた後は、プールに。

このホテルはプールが何箇所かあり、いくつか回ってみました。

まず、プールのタオルはここで調達。プールの横にあります。

こちらはファミリープール。

広いです。深さが場所によって違っていました。

もう1つのプール。大人専用です。

結構広いので、まじめにトレーニングがてら泳ぐこともできます。

海を見ながら、のんびりできます。絶景ですよね。

珍しく、このホテルでは1日中プールにいました。

水に浸かりすぎて手の皮がふやけた・・・

スポンサーリンク

ホテルの中も

ホテルの中庭には池があり、そこにキャットフィッシュが沢山います。

エサをあげるアクティビティがあり、係りの人にもらってエサを投げると

「ガバッ」と大きいキャットフィッシュが池から飛び出してきて、

カピ子はビックリ!! ΣΣ(゚д゚lll)

また、中庭の芝生ゾーンには、いたるところに小さい穴が地面に開いていて、

トカゲがチョロチョロ出現します。

トカゲ出現!

鳥たちもよく遊んでいて、本当、大自然がいっぱいです。

お子さんは喜ぶのではないでしょうか。

ネット環境

ホテルの共有スペースがあり、そこのみwifiがつながります。

部屋は使えませんでしたので、もし部屋でも絶対ネットワークが必要な場合は

ご自身で持参したほうがよさそうです。

※ここ安いですよ。「Wi-HO!

共有スペースの2Fは図書室になっています。

そこからの景色もなかなかです。

図書室からのビーチの眺め。涼しくてここは快適。

カフェも併設しており、コーヒーやケーキなどがありました。

涼しいところで、ここならゆっくり読書やネットを楽しめます。

旅に来た方が、読み終わった本を置いていくのでしょう。

いろんな本が沢山本棚にありました。

宿泊客には日本の方はいないようでしたが、本棚にはもちろん日本の本もありましたよ。

旅で読書、楽しいですよね。幸せなひとときです。

■マレーシアに行くなら、事前に本で予習!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク