【ベトナム旅行記 ホーチミン】ドン計算は大変!

Pocket

今日はベトナム旅行について。

ベトナムは以前からずっと行ってみたかった国。

発展中とは聞いていましたが、実際に降り立ってみてそのパワーに完全に圧倒されました。

タイやマレーシア、シンガポール等の他のASEAN諸国では味わうことのできない、

ものすごいベトナムパワーを味わった忘れられないすごい旅。

その道中を少し記しておきます。

スポンサーリンク

ベトナム 基礎知識

正式な国名は「ベトナム社会主義共和国」

その名のとおり社会主義国です。

※現在アジアでは中国、ベトナム、ラオス、北朝鮮が社会主義国です。

ベトナムの首都は「ハノイ」で、有名な「ホーチミン」は実は首都ではありません。

国が南北に長く伸びていて、北は中国、西はラオス、南西はカンボジアと

いろんな国と国境を接しています。

私が初めて訪れて強く感じたのは、思った以上に「中国文化が強い」こと。

建物や街の雰囲気、大陸色がとても強く見受けられます。

さらに独自のベトナムパワーが加わって、稚拙な私の文章力では書き表せない

ものすごい力を感じました。

タイは比較的みんながのんびり、、、笑。よく使われる「マイペンライ~」の言葉どおり

「大丈夫さ~」みたいな雰囲気(沖縄のなんくるないさ~を思い出す・・・)ですが、

ベトナムは個々の上昇志向みたいなものがハンパない!

10年後、ひょっとしたらアジアの中ですごい街になっているかもしれません。

通貨

通貨は「ドン(VND)」。

桁数がとても多く、これがなかなかの曲者。計算がややこしい! ヽ(゚Д゚;)ノ!!

いろんな国に行きましたが、今のところ私はベトナムが1番計算がめんどくさかったな。。

1ドン≒0.005円

1円≒200ドン (※現在のレート)

????? (・_・?) 

タクシー代とか計算めんどくさ~

0を2つ取って半分にする?のが簡単な計算かもしれません。

(いろんな計算法があるので、お試しあれ。)

姪っ子に像のおみやげを買おうとしたときも、値段を見たとき

「高っ」って一瞬思いましたが、よくよく冷静に計算と、

50円!Σ(゚ロ゚;) だったときがあります。笑

まどわされないよう&ボッタクリにご注意ください!

そういえばボッタクリといえば・・・

有名なのが「タクシー」ですよね。。

次回、ベトナムのタクシーについて記していきます!

ベトナムのタクシー、すごいです!!!!!

その2へつづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

capyko.com
スポンサーリンク